エクセル プルダウン。 【Excel】プルダウンとは? その概要と活用法について解説

[EXCEL]2段階プルダウンリストの作り方|EXCEL屋(エクセルや)

🙃 「空白を無視する」とは? 「入力値の種類」で「リスト 」を選択• 別のセルやシートにリストを作成している場合、既存のプルダウンリスト項目を変更するだけなら、単にそのリストのセルを編集して書き換えるだけで、自動的にプルダウンリストが更新される。

2
ボックス内に「元の値」という入力ボックスが表示されますので、ここにプルダウンで選択したいリスト項目を入力します。

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All About

🚒 その隣にある「空白を無視する」「ドロップダウンリストから選択する」のチェックボックススにチェックが入った状態にしてください。

15
3ドロップダウンリストに項目を追加できた リストに項目を追加できました。 プルダウンリストの機能を使えば、格段に見やすく、集計しやすい資料に仕上がります。

【便利機能】エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を編集・連動・解除する方法

☘ 範囲を決定したら、元の画面でOKをクリック。

17
「入力値の種類」で「リスト」を選択します。 または、 「元の値」の欄をクリックし、[F3]キーを押します。

【Excel】プルダウンとは? その概要と活用法について解説

⚡ 「データの入力規則」ボックスを表示させ、ボックス上部のメニューのうち「エラーメッセージ」を選択してください。 そのような時は、セルを選択してコピー&ペーストして移動したり、セルを選択した状態で、セルの右下にマウスを持って行くと黒の「+」マークに変わる場所があります。 「データの入力規則」にて、 「リスト」を選択します。

3
4 「OK」を押すと、セルにプルダウンリストが作成されました。 ですが、 これだけでは、ドロップダウンリスト自体の選択肢は増えません。

データの入力規則でプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成する:エクセル2010基本講座

💙 ・入力作業を効率化できる セル上のプルダウンリストから選択するだけで入力できるため、手入力の時間を短縮することができます。

しかし、プルダウンリストを使えばそれを例えば全て「完了」に統一でき、一目で終わったものがどれか分かるようにできるのです。 入力が完了したら「OK」をクリックすれば、入力規則設定の完了です。

【便利機能】エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を編集・連動・解除する方法

😚 プルダウンを解除する方法 プルダウンを解除するには、プルダウンが作成されているセルをアクティブにし、「データ」から「データの入力規則」をクリック。

4
ですので、このドロップダウンリスト側の設定も変更が必要になります。

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Office Hack

⌚ ・表記の統一ができる 送り仮名やカタカナ・平仮名表記、半角・全角などの表記を統一することができます。 [データ]タブの[データツール]グループにある[データの入力規則]を実行し、[設定]タブで「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れると表示されます。 プルダウンはドロップダウンと呼ばれることもあります。

7
その後、プルダウンリストを設定したいセルを選択し、[データ]タブの[データツール]にある[データの入力規則]をクリックする。

超簡単!エクセルでプルダウンを制作する方法【図解付き】

⚡ エクセルのプルダウンリストの編集方法 一度作成したプルダウンリストの項目を増やしたり、削除したくなるケースはよくあります。

エクセルの他の便利な機能のご紹介も別記事でお伝えしたいと考えております!. 』 とメッセージがでますが、『はい』をクリックして進みます。 是非とも使ってみてくださいね。

【便利機能】エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を編集・連動・解除する方法

⚐ できること2:集計・統計 莫大な情報を元に集計・統計作業を行う「ピボットテーブル」という優れた機能があります。 このように項目が多いような場合は、同じシート上の別のセルや別のシートにリストを作成し、そこを参照するとよい。 Sheet2のA4セルに『レーザー カラー 』 A5セルに『ドットインパクト』と入力します。

20
一覧の範囲を選択し直し、同じ規則のセルすべてに適用します。 「元の値」にあらかじめ「1,2,3,4,・・・10,11,12」と入力されている セル範囲B6:B17を指定します。