ユピテル ls700。 マツダ CX

ユピテル「スーパーキャットLS700」がレーザー光探知距離を3倍にまで拡大できた理由

🤟 取り付けに関しては、従来のダッシュボード上は当然ですが、宙吊りも可能です。 そして、大画面の3. BMW G20 のダッシュボードに 仮合わせしてみると 1ボディータイプ GS203 を取付けするのは スペース的に厳しかった為 セパレートタイプ LS700 で取付けをします。 GPS測位も10秒程度で、非常に満足のいくものになりました。

8
。 どこが進化したのか? しかし、単純な球面レンズだとその特性上、水平方向の探知範囲が狭まってしまう。

Yupiteru Super Cat LS700 (再レビュー2回目)のパーツレビュー

💖 同じ仕組みの「LS10」とほとんど探知距離が変わらないのも安定感の証だと思います。 小型オービス受信以前の古い機種に替えようかとも思いました。

最終販売価格について 最終販売価格は、当店入荷日が確定した時点の最安値(価格. もちろん、「LS700」と比べると少しでも価格が安い「LS70a」の方がおすすめではありますが、現在テスト中の「ZERO 808LV」が思ったよりも好感触ですので、2020年の秋は諸々のバランスを考えると「LS700」「LS70a」よりも「ZERO 808LV」の方をおすすめする可能性が出てきました。 それは……まさかの探知距離。

レーザー長距離探知!ユピテル「LS700」の実機レビューと評価

👀 6インチ液晶を搭載 コチラがレーザー受光部のエスフェリックレンズ 微弱なレーザー光を集光し好感度に探知してくれます。

17
レーザー式取締機に対しての警報の出方について こちらに関しては「ZERO 807LV」「ZERO 808LV」「AR-W86LA」「AR-7」「LS10」「AL-01」との挙動を大阪府内の固定式取締機4台にて比較しました。 2019年8月にメルセデスW221 S400dにディーラーでZ100Lを装着して数か月、Kバンド誤報と思われるLV1~LV2の誤報が走行中ほとんど鳴っているという現象が多発しておりました。

VM4レヴォーグ × ユピテルLS700とか装着

😀 探知距離も範囲も最上級ユピテルは2019年10月、レーザー&レーダー探知機「スーパーキャットLS700」を発売した(価格はオープン。 設置が簡単だから、今後、ゾーン30などの生活道路でレーザー式の移動オービスによる取り締まりが増えていくはずだ 例えば、LS300が200mの範囲で探知できるとしよう。

16
まずはユピテルレーダー探知機 「 LS700」を装着。 メルセデスには小型オービス受信できるレーダー探知機は非常に相性が悪く、ユピテル信者としてはとても残念に思っていました。

VM4レヴォーグ × ユピテルLS700とか装着

😉 お買い上げ ありがとうございました。 レーダー受信強度のカスタマイズ Youtubeの視聴者の方から教えて頂いたのですが、「LS700」のメニューには警報するレーダーの強度・速度がカスタマイズできるとの事です。

18
VM4レヴォーグがピットイン。 LS700の誤報キャンセルの動画大変参考になりました。

新商品 !! ユピテル レーザー光 & レーダー波 探知機 2ピースセパレートタイプ LS700 取付 / BMW G20 M340i xDrive

😋 1GHzの小型オービスのレーダー波、レーザー式の取締受信状況、誤報の出方についてテストを実施しています。 このスーパーキャットLS700は、2019年4月にユピテルが発売し、業界初の「レーザー式移動オービス対応」の探知機として話題となった「スーパーキャットLS300」の進化版といえる商品。

編集部調べ実勢価格は3万9600円)。