Top コマンド。 【 top 】コマンド――実行中のプロセスをリアルタイムで表示する:Linux基本コマンドTips(123)

【 top 】 現在のシステム状況を表示する

🖐 ) プロセスには、実行優先度(プライオリティ)があります。 00 [ksmd] 32 root 39 19 0 0 0 S 0. 不要なプロセスまたは想定外のプロセス負荷が高い場合、このプロセスが悪さをしている可能性大です。 上記の2つを同時に発行するには top -c -d 0. デフォルトでは、プロセス毎に使用している CPU コアの使用率が表示されています。

7
topコマンドの叩き方 いきなりですが、sshでログインしたあと、若干前のめり気味に「top」とするのは、少々素人臭いやり方ではないでしょうか。

【Linux】topコマンドで実行中のプロセスを表示

☯ topの主なオプション 短いオプション 意味 -d 間隔 更新する間隔を「ss. TWの 外観 以下のコマンドもグローバルな 'B' 太字の無効 トグルの状態に影響を受ける。

これらの CIについての更なる情報は、 2b. 00 writeback 17 root 0 -20 0 0 0 S 0. j: P EM 最後に使用された PU SMP 最後に利用されたプロセッサを表す値。

プロセスの実行優先度|Linux入門

🙌 F または O : ソートフィールドの選択 これらのキーは別のスクリーンを表示させる。

18
実行後に CI 'd' または 's' で変更できる。 0 0:00 kpiod 4 root 0 0 0 0 0 SW 0 0.。

topコマンドでメモリ消費量の順にソートする

😊 00 bioset 20 root 0 -20 0 0 0 S 0. 「-p 番号 -p 番号」または「-p 番号, 番号」のように複数指定できる(空白は省略可能) -c COMMAND欄(右端)を、プログラム名の表示とコマンドラインの表示のどちらにするか切り替える(起動後は「c」で切り替え) -i 何も実行していないアイドルプロセスを表示するか、しないかを切り替える(起動後は「i」で切り替え) -S 累積時間モード(起動後は「S」で切り替え) -o 項目 出力の並べ替えに使用する項目(デフォルトはCPU使用率)を指定。 実行中プロセスの状態 実行中の各プロセスの状態を確認できます。 上の画像を例にするとこのようになります。

ユーザーが指定した数以下で、 かつ利用可能なスクリーンの行数が使用される。

topコマンドを見やすく表示する

💙 5秒おきに行う とします。 SA で 'Cpu s :' と表示されている場合、'1' トグルは O であり、 全ての Pu 情報が 1 行に集計される。

7
またパスが長くなってしまうので、ユーザーは常に 「カラムのハイライト」を F にして実行するだろうと top は仮定している。 M で、メモリの使用量順にソートできます。

topコマンドの話

☏ 他にも便利なオプションがあります。 CPUの状態 CPUの状態を確認する行になります。 よって、top がコマンドラインを表示していた場合は、プログラム名を表示する。

16
これらのくだらないトリックでは、top が AMになっている必要がある。 この CIは、カラムのハイライトをFにして top を実行しているときに、 現在のソートフィールドをとても簡単に確認できる便利な方法である。