気象 衛星 雲 画像。 気象衛星センター | 地形性巻雲

気象庁衛星画像アーカイブ

😩 気象庁ホームページのコンテンツを利用しているページでは、「凡例」表示などに、コンテンツの名称などを記載をしています。 1995より引用) 図3 True Color RGB画像 2016年2月11日00UTC 図4 地上天気図. 衛星観測画像の見方 静止気象衛星ひまわりに搭載している可視赤外放射計は、人間の目で見ることのできる「可視光」から目に見えない「赤外線」までの様々な波長帯で、電磁波の強さを観測しています。

18
放射される赤外線の強さは雲の温度により変化する特性をもっており、温度の低い雲をより白く表現しています。 このページでは、主な衛星画像がどのような特徴があるかを紹介します。

気象衛星センター | 地形性巻雲

👎 本画像は、衛星によって観測された画像を人間の目で見たように再現する手法(参考文献[1])によって作成されています。 波動は総観場が変わらなければ定在波として維持されるため、停滞性の上層雲が観測されると考えられる。

可視画像では、矢印で示した雲の下が透けて見えることから、この雲は上層に発生する巻雲であることがわかる。

気象庁衛星画像アーカイブ

🙂 赤外画像と水蒸気画像のカラー画像は、陸地を緑、海を青で塗り分けて作成しています。 なお、この地形性巻雲は、図4で示すようにDayconvectivestormRGB画像では強い上昇気流を伴った活発な積乱雲域と同じ色調となるため注意が必要である。

複数の観測画像を組み合わせることで、強調して表示したい現象を分かりやすく表示することができます。 Hillger, 2016: A Sight for Sore Eyes - The Return of True Color to Geostationary Satellites. 地形性巻雲は、山岳越えの強い風の吹く安定成層中に発生するため、巻雲を構成する氷晶の粒径は小さく、強い上昇気流を伴った活発な積乱雲域の雲頂にある氷晶と同程度の大きさとなるためである。

気象衛星センター | オープンセル

😀 図1(左図)のように対流性の雲から成るオープンセルは、雲のない領域で下降し、取り囲む雲壁で上昇する鉛直循環を持つ。 2017年6月20日11時00分(日本時)の可視画像(左:白黒、右:カラー) 赤外画像 赤外画像は、雲、地表面、大気から放射される赤外線を観測した画像です。 この特性を利用して、水蒸気画像では、雲がないところでも対流圏上・中層にあるごくわずかの水蒸気からの放射を観測することができます。

10
もご確認ください。 ) 雲頂強調画像は2. RGB合成画像 RGB合成画像は、数種類の観測画像の情報を1つのカラー画像に凝縮して表示する技術を用いた画像です。

気象庁 | 衛星画像の見方

🤚 ある時刻に開始されたこの基本単位の中で行われるフルディスク観測、日本域観測、機動観測の観測時刻は以下のようになります。 このサイトが公開しているデータは、取得元が商用利用を禁じている場合がありますので、このサイト内のデータの二次利用はご遠慮ください。

3
5分ごとの気象衛星のページには、「可視画像」、「赤外画像」、「水蒸気画像」に加え、「雲頂強調画像」が掲載されています。

気象庁 | 衛星画像の見方

😉 このサイトで公開している情報の内、GPV予報モデルデータは天気予報の元データですが、誤差を含んでいるため天気予報ではありません。

10
例:「11時40分00秒」に開始された基本単位で行われるフルディスク観測、日本域観測、機動観測それぞれの観測時刻 ひとつの基本単位での 観測数 観測時刻 フルディスク観測 1回 - 11時50分00秒 日本域観測 4回 1回目 11時42分30秒 2回目 11時45分00秒 3回目 11時47分30秒 4回目 11時50分00秒 機動観測 4回 1回目 11時42分30秒 2回目 11時45分00秒 3回目 11時47分30秒 4回目 11時50分00秒 観測画像への影響 衛星の保守及び太陽、地球、月などにより、ひまわりの観測画像に影響が出ることがあります。

気象庁 | 衛星画像の見方

😚 これによると、下層の風速が20kt以下のときは、多角形またはドーナツ状に見えるが、風速が20ktを超えると雲の無い部分を取り囲むリング形の雲が崩れ始め、U字形状となる。

風速が大きくなるのに従って不規則さを増して、流れに沿って広がる形が多くなる。

気象庁 | 衛星画像の見方

😇 図1 オープンセル(左)とクローズドセル(右)のモデル図(浅井,1983)より引用 図2 風速(ノット)によるオープンセルの雲形変化 矢印が風向を表す(Baderet et al. 雲が発達して積乱雲になると雲頂高度が非常に高くなるので、赤味がかった領域の中には積乱雲が含まれている可能性があることがわかります。 こうした条件では、山脈により励起された波動が上層まで伝わり、上層が湿っていれば波動による上昇流域で地形性巻雲が発生する。

発生する条件は、山頂付近から対流圏上部までほぼ安定成層を成し、風向がほぼ一定であることが挙げられる(小花、1981)。