元 号 西暦。 元号

西暦和暦年齢一覧表

🤪 げんじ 文久4年2月20日 (1864年3月27日) 元治2年4月7日 () 2年 甲子革令による改元。 どれも繊細で風情のある言い回しで美しい。 (-)• 2018年(平成30年)現在においても、例えばが「平成49年」(西暦)まで徴収されるという表記が見られる ほか、公文書の保存期限に「平成61年」(西暦2049年)などという表記も行われている例もある。

11
(1328年)• (396年-)• 独自の元号が建てられた国家には、以下の項目に挙げる他、、、、、がある。 1087-1095• 2018年4月15日閲覧。

西暦和暦年齢一覧表(1700年代・元禄13年~)

🐲 かきょう こうおう 嘉慶3年2月9日 (1389年3月7日) 康応2年3月26日 () 2年 病事による改元とみられている。

17
: 738年-• ( - ) 吐蕃 [ ] の元号• よりでは「昭和230年」(西暦2155年)と表記したものも見られた。 2019年1月13日時点のよりアーカイブ。

和暦西暦早見表

🤲 (508年)• しょうわ かしょう 承和15年6月13日 (848年7月16日) 嘉祥4年 () 4年 から白亀が献じられた瑞祥による改元。 (527年-)• 現代の台湾 [ ] 中華民国(台湾)では、正月(元旦節)は農暦正月()を祝う一方、公元(西暦)と同期した「中華」が、()の翌年()以降、(10月25日)、台北遷都(1949年12月7日)を経てに至るまで公式に用いられている。

7
(386年-)• このことが溥儀の「」への幻想を生んだ。

令和(2019年〜)

🤑 1239-1240• また、の命によって用いられた「」は、のの年号を用いたものである。 ( - )• ぶんぽう 正和6年2月3日 (1317年3月16日) 文保3年4月28日 (5月18日) 3年 大地震などによる改元。 (-)• やなどの、また治世の途中にも行われる改元によって元年から再度数え直され(リセット)、名称も改められる。

1278-1288• この表の日付は主に後者であり、年初改元や当日改元は遡時を無視して改元公布の瞬間を元号の切り替わりとみなしている。 シリアル値で管理しているので、西暦であっても基準日以前を使用する場合は別途計算処理が必要となる。

元号一覧 (中国)

⚛ ( - ) 後漢 [ ] の元号• (361年-):のの年号を継続して使用。 (617年-) の元号• (418年-)• てんぴょうほうじ 天平勝宝9年8月18日 (757年9月6日) 天平宝字9年 () 9年 宮中でが「五月八日開下帝釋標知天皇命百年息」の文字を成し、でも瑞字を生じた祥瑞による改元。

16
( - 1195年)• おうとく 永保4年2月7日 (1084年3月15日) 応徳4年 () 4年 甲子革令による改元。 (-)• 上記のように、朱舜水同様、林羅山もまた皇祖を自著で述べていないにもかかわらず、以降の水戸藩において、「林羅山・鵞峰らの『本朝通鑑』がを採用し、これに怒った水戸黄門、、らが、の妄説であるを否定するため、『本朝通鑑』へのとして『大日本史』執筆に取り組み、日本全国を探訪して史料蒐集をおこなった」という誤ったが存在し、『水戸黄門漫遊記』などのへとつながった。

元号

☏ 明治時代以後 [ ] 以前は、在位した天皇の交代時以外にも随意に改元(吉事の際の祥瑞改元、大規模な自然災害や戦乱などが発生した時の災異改元など)していた。 てんおう 宝亀12年1月1日 (781年1月30日) 天応2年 () 2年 美雲の祥瑞による改元。 (531年-)• (1032年 - )• (943年-)• 例えば、の定めた「」は、を倒して漢朝を再興したの元号「」にあやかったものであった。

18
これによって「建元」「」「」といった元号が作られ、以後、このような漢字名を冠した元号を用いる紀年法が行われるようになった。 おうわ 天徳5年2月16日 (961年3月5日) 応和4年 (8月19日) 4年 辛酉革命、皇居火災などによる改元。

元号一覧 (中国)

👣 例外的にとの王暦は即位年が元年となっているが、いずれも譲位により即位した例で、諒闇即位の時は翌年を元年とし、譲位即位の時は同年を元年としている。 - 問3を参照• 1182-1185(平氏)、1183? (平成30年)3月30日の改正により、に基づく計量法施行規則(平成5年通商産業省令第69号)第15条に規定する修理年、並びに食品店等の、、等が対象である特定計量器検定検査規則(平成5年通商産業省令第70号)第28条の3及び第56条に定める検定証印の年表示を西暦に限定した。

3
ようろう 霊亀3年11月17日 (717年12月24日) 養老8年 (724年) 8年 の美泉の祥瑞による改元。 (28年)11月8日、 の結果となった還付条約。

元号

👎 てんぴょう 神亀6年8月5日 (729年9月2日) 天平21年 (749年) 21年 が背に「天王貴平知百年」と文のある亀を献上した祥瑞による改元。 (-)• (-) この後、いったんの年号を使用(-)• 968-970• (-) の元号• えんおう 暦仁2年2月7日 (1239年3月13日) 延応2年 () 2年 天変や地震による改元。 1655-1658• () 楚 [ ] の元号• ( - )• 高橋こうじ 著/東邦出版 日本の言葉は漢語、外来語、そして日本固有の大和言葉があります。

10
に見る元号の使用例 日本国内において西暦の併用が増加したのは、(昭和39年)のに向けてのを経た後である。 とはいえ、(昭和51年)に行われた元号に関するでは、「国民の87. 徳川時代。

令和(2019年〜)

😙 なお、的に見ると切手に記入される年号としては西暦のほかには、、の、()のなどがある• 当時の文書でそのときの日付に言及した場合 のいずれかで異なる。 (696年)• また、官公庁の中長期計画の名称など、として年を印象付けさせる場合は、西暦が用いられることが多い。 前漢 [ ] の元号 帝王名 元号名 期間 年数 自 至 6年 6年 6年 6年 6年 6年 4年 4年 4年 4年 2年 7月 7年 8月 6年 紀元前74年 1年 4年 4年 2月 5年 紀元前61年3月 4年 4年 4年 紀元前49年 1年 5年 5年 5年 紀元前33年 1年 2月 5年 紀元前28年3月 4年 4年 4年 4年 4年 2年 6月 4年 紀元前5年8月 紀元前5年6月 紀元前5年8月 1年 2年 5年 11月 3年 8年11月 8年12月 1年 新 [ ] の元号 帝王名 元号名 期間 年数 自 至 5年 6年 9月 4年 漢(更始政権) [ ] の元号 帝王名 元号名 期間 年数 自 至 2月 9月 3年 漢(赤眉軍) [ ] の元号 帝王名 元号名 期間 年数 自 至 25年 27年 3年 成家 [ ] の元号 帝王名 元号名 期間 年数 自 至 25年 12年 隗囂 [ ] の元号 帝王名 元号名 期間 年数 自 至 23年 12年 後漢 [ ] の元号 帝王名 元号名 期間 年数 自 至 6月 4月 32年 56年4月 2年 18年 8月 9年 84年8月 7月 4年 87年7月 2年 3月 17年 105年4月 105年12月 1年 106年 1年 7年 4月 7年 120年4月 2年 121年7月 3月 2年 122年3月 (3月) 4年 (125年3月) 125年 3月 7年 132年3月 4年 6年 4月 3年 144年4月 144年12月 1年 145年 1年 146年 1年 3年 150年 1年 5月 3年 153年5月 2年 6月 4年 158年6月 6月 10年 167年6月 167年12月 1年 5月 5年 172年5月 7年 178年3月 7年 184年12月 6年 () 189年12月 189年12月 189年 189年 1年 189年 189年 1年 189年 189年 1年 4年 2年 2月 25年 220年3月 220年10月 1年 三国時代 [ ] は以下の通り。

大覚寺統 [ ] 元号名 期間 年数 天皇名 改元理由 漢字 読み 始期 終期 げんこう 元徳3年8月9日 (1331年9月11日) 元弘4年1月29日 (3月5日) 4年 後醍醐天皇 (不明) 鎌倉幕府に擁立された光厳天皇は「」に改元。