札幌 時短 営業。 時短・札幌小樽外出自粛 終了へ|NHK 北海道のニュース

札幌の飲食店 時短要請は終了へ|NHK 北海道のニュース

⚠ 鈴木直道知事が23日、道議会各会派などとの会合で表明した。

1
直近1週間は新規感染者数が100人超となる日が相次ぎ、道は7日、5段階で示す独自の警戒ステージを「2」から「3」へ引き上げた。

2月で解除…札幌の「時短要請」小樽含めた外出・往来自粛も

🙌 より幅広く事業者の負担を求めることから、今回の時短要請は集中対策期間より短い、今月16日から28日までの13日間となる。 また、年末年始の29日から来年1月3日までは、全道民に対してできるだけ自宅で過ごすよう、市町村と共同でメッセージを出す。 イベントなどの開催制限については、国の方針に基づき4月末まで継続します。

8
居酒屋やラーメン店などの飲食店には、同じ時間帯の酒類提供自粛を求める。 店舗掲示用ポスター(別紙1) 【営業時間短縮】、 【酒類提供時間短縮】、• 札幌市内全域の飲食店に時短要請(~2月28日) 道などの新たな対策 【道内全域】 ・「集中対策期間」を政府の緊急事態宣言(現在は3月7日まで)に合わせて延長 ・首都圏など緊急事態宣言の対象地域との往来を自粛 ・札幌、小樽市との不要不急の往来を自粛(2月28日まで) ・今後、全道の飲食関連事業者への道独自の支援策を検討 【札幌市】 ・感染リスクを回避できない場合は不要不急の外出を自粛(2月28日まで) ・市内全域の飲食店に午後10時までの時短営業を要請(2月28日まで)。

一部飲食店に時短要請 札幌・ススキノ、27日まで―コロナ感染急増・北海道:時事ドットコム

☝ 東海・甲信越• 何とかこの2週間で感染を抑え込んでほしい」という。 ススキノの接待を伴う飲食店への時短営業などを要請 17日 札幌市の警戒ステージを「4相当」に引き上げ 26日 集中対策期間を延長(~12月11日)。 お問い合わせ よくあるお問い合わせ お問い合わせ専用ダイヤル 電話番号:0570-200-105 受付時間:8時45分~17時15分【土日祝日はお休み】. 札幌市内で複数の居酒屋を経営する男性は、新たに時短要請の対象となることについて「すでに苦しい状態が続いているが、協力したい」と話す。

8
市内の入院患者数もまだ予断を許さない状況で、今後3月、4月の人事異動や入社、入学で人と人が接触する機会も多くなるため、去年のような感染拡大を招くことがないよう引き続き感染防止対策の徹底をお願いしたい」と述べ、協力を呼びかけました。

札幌の飲食店 時短要請は終了へ|NHK 北海道のニュース

🐝 【令和2年11月27日】 すでに申請書をお持ちの方は、そのままお使いいただけます。

中国・四国• 要請に応じた事業者には1日あたり2万円の支援金を支給(金額は調整中) ・人口10万人あたりの新規感染者数が週平均で15人を下回った場合は、早期の時短要請解除を検討(11日時点は約17人) 【小樽市】 ・感染リスクを回避できない場合の不要不急の外出を自粛(2月28日まで). 札幌市も7日、道の要請に応じた事業者に一律20万円を支給すると決めた。

集中対策期間延長、札幌全域の飲食店に時短要請 道決定 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

⚑ 【変更前】 1事業者当たり20万円を支給します。

申請書類 こちらのファイルをダウンロードしてお申込みください。

札幌の飲食店時短や外出往来自粛 2月末終了を正式決定:北海道新聞 どうしん電子版

📞 (松尾一郎、芳垣文子) 道が検討する新たな対策 【道内全域】 ・「集中対策期間」を政府の緊急事態宣言(現在は3月7日まで)に合わせて延長 ・首都圏など緊急事態宣言の対象地域との往来を自粛 ・札幌、小樽市との不要不急の往来を自粛(2月28日まで) 【札幌市】 ・感染リスクを回避できない場合は不要不急の外出を自粛(2月28日まで) ・市内全域の飲食店に午後10時までの時短営業を要請(2月28日まで)。 道は26日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、札幌市内の飲食店などを対象とした営業時間の短縮要請、札幌市内と小樽市内での不要不急の外出や往来の自粛要請について、当初予定通り今月末で終了すると正式決定した。

14
道は期間中の対策として、今月28日まで札幌市内の飲食店には午後10時までの時間短縮営業を要請し、札幌市と小樽市への感染リスクを回避できない場合の外出と両市への往来の自粛も要請。 (村田亮、中村征太郎). 道は13日の対策本部会議で一連の方針を正式決定し、鈴木直道知事が記者会見で説明する。