フォー ライフ レコード。 泉谷しげる27歳〜フォーライフレコードという“革命の舟”に乗った男達|TAP the STORY|TAP the POP

元フォーライフレコード社パラダイスホールのレンタル

😀 吉田は「トゥーライフ」にしたかったが、みんなでわいわいやっている内に「フォーライフ」になったという。 もし生きて新年を迎えられるなら、音楽でまた好きなことをやってみたい。

16
海外ではや、など、当時から自分のレコード会社を持つアーティストは多かったが、それらも自分たちが録音したものを既成の大メーカーに売るという製作会社で、この時のような製作から販売までするということではなかった。 2002年以降、新設会社のが事業を継承している。

泉谷しげる27歳〜フォーライフレコードという“革命の舟”に乗った男達|TAP the STORY|TAP the POP

😛 井上、泉谷は吉田の社長就任に反対したが、「みんなの意見を聞いていたら3ヵ月で出るレコードが1年かかる。 事態を憂慮したは定例理事会を開いて「吉田、井上らの新レコード会社の販売は引き受けない」ことを申し合わせ、各レコード会社にプレスも販売も認めないでくれと通達がまわった。

12
た行 [ ]• - - ポニーキャニオン• コンサート・イン・つま恋 1975 - '79 篠島アイランドコンサート - '82 日本武道館コンサート 王様達のハイキング - '85 ONE LAST NIGHT in つま恋 - '89 TAKURO YOSHIDA IN BIG EGG - '90 日本武道館コンサート - '93 TRAVELIN' MAN LIVE at NHK STUDIO 101 - 1996年、秋 - 感度良好ナイト in 武道館 - 吉田拓郎 LIVE 〜全部だきしめて〜 - 101st Live 02. オレは誘われただけ」、「俺がアメリカに遊びに行ってる間に、知らないうちに決まっていた」などと話している。

フォーライフ・レコードとは

🐝 同年6月1日、小室、吉田、井上に、後から参加した泉谷しげるのフォーク4人衆が「フォーライフ・レコード」を正式発足させた。 最初の頃は冗談というか遊びだと思ってたよ。

19
』、2006年4月1日、48頁。

元フォーライフレコード社パラダイスホールのレンタル

👀 フォーライフミュージックエンタテイメントの前身であるフォーライフレコードは、その立ち上げにあたってそれまでの音楽業界に反逆し、常識を覆してアーティスト自身が制作から流通まで関わることで新しい時代のアーティストの在り方を示しました。

1975年の第一回フォーライフ・レコード新人オーディションに合格後、1977年8月25日に「軽い気持ちで」でデビュー予定だったが見本版だけ作られただけでデビューはしていない。

今更な質問ですが、フォーライフ・レコードが倒産したおり、吉田拓郎...

♻ 共同レーベル名は 『フォーライバー FORLIVE-R 』です。 1970年代初頭の日本では、安保闘争・学生運動の熱が少しずつ冷めてゆく中、一部の若者たちの間には得も言われぬ敗北感と挫折感が漂い始めていた。

11
本社屋は2003年にが買収し、校舎として使用されている。

泉谷しげる27歳〜フォーライフレコードという“革命の舟”に乗った男達|TAP the STORY|TAP the POP

😇 09 株式会社ライバーと株式会社フォーライフミュージックエンタテイメントによる共同レーベル設立のお知らせ 株式会社ライバーと株式会社フォーライフミュージックエンタテイメントが共同レーベルを設立 株式会社ライバー(本社:東京都中央区、取締役会長ファウンダー:飯田祐基、代表取締役:市川茂浩)と株式会社フォーライフミュージックエンタテイメント(本社:東京都港区、代表取締役:後藤豊)は、インフルエンサーの音楽界進出をサポートするために両社による共同レーベルを発足させることで合意しました。

7
は「フォーク・ニューミュージックは、1977年までは吉田拓郎、井上陽水にリードされ、常にその影響下にある時代が続いていたが、1977年に泉谷しげるが退社し、フォーライフの一角が崩れ、圧力が弱まった間隙をついて新しい音楽性を持った新人が飛び出して来た。