総務 省 処分。 総務省|懲戒処分の公表

菅首相長男らから接待 総務省幹部らきょう中に処分へ 総務相

😂 「(国家公務員)倫理法違反に対する認識の甘さ、知識の不足が大きな要因だ」との見解を示した。 私自身も責任を感じている」と述べた。 接待によって行政がゆがめられていないのか。

4
その上で「実際の意思決定がどのように行われたのか、行政がゆがめられるといった疑いを招くことがなかったかを改めて確認する」と述べ、認可手続きなどへの影響を検証する考えを示した。 13人のうち1人は倫理規程に反していないと判断した。

接待問題、総務省幹部ら11人を処分 大臣は給与返納:朝日新聞デジタル

✔ また、弊社関係者の処分につきましては厳正に対処してまいります」としています。 武田良太総務相は大臣給与3カ月分の自主返納を行い、黒田武一郎・事務次官は厳重注意とした。

9
総務省は今後、人事院の国家公務員倫理審査会に対し、幹部4人の処分案と調査結果を報告。

総務省処分「国民が納得するものとは思わない」 (2021年2月25日)

🚀 本省の課長級以上の職員は、減給処分だと1年半、戒告なら1年間、それぞれ昇任できなくなる。 首相にとっては、山田真貴子内閣広報官が総務審議官時代に接待を受けたことも痛手となった。

11
3年前の文部科学省の一連の汚職事件をめぐっては当時の事務次官や局長らが減給の処分を受け、事務次官と局長1人は責任をとって辞職しました。 谷脇氏と吉田氏は監督責任も含めて最も重い処分となった。

総務省4幹部が月内処分 首相長男らによる接待問題

😋 いずれも放送・通信行政の中枢を担い、携帯電話の料金引き下げやNHK受信料の見直しを推し進めてきた。 新たに倫理規程違反の疑いがある会食に参加していたことが分かったのは、課長5人を含む職員8人。

20
総務省No・2の谷脇、吉田両氏は減給10分の2(3カ月)、秋本芳徳・前情報流通行政局長(59)が同10分の1(3カ月)、湯本博信・前官房審議官(54)が同10分の1(1カ月)など。

総務省ナンバー2ら9人処分発表 菅首相長男との会食は「違法接待」と認定― スポニチ Sponichi Annex 社会

☣ 一方、総務相は22日の衆院予算委で、今回の接待問題をめぐり、「行政がゆがめられているという事実は確認されていない」と強調。 会食に参加した幹部・職員は計12人となり、回数は延べ38件に上ることを確認した。

6
給与の一部を自主返納し、菅首相は広報官の続投を容認しました。 党の福山哲郎幹事長は24日の記者会見で、総務省が総理の長男で東北新社に務める菅正剛氏らから高額な飲食接待を受けていた問題で、9人を懲戒処分、2人を訓告、訓告相当にした内容について「国民が理解し、納得するようなものとは思わない」と処分が甘いのではないか、と疑問を呈した。

幹部ら11人処分、公表へ 利害関係者と会食―総務省:時事ドットコム

😃 同省はこのうち11人を懲戒処分などとする方向で調整している。 谷脇氏が4件で計11万8439円、吉田氏が5件で計6万5661円、秋本氏が7件で計10万3276円、湯本氏が3件で計2万9014円。

5
さらに、武田大臣みずからも大臣給与3か月分を自主返納することになったほか、黒田事務次官も厳重注意を受けました。 計9人が受けた懲戒は今後の昇格などに影響が出る処分。

総務省接待11人処分へ 首相長男らから 新たに9人判明

😆 は「一部役職員の行動に起因し、総務省職員が国家公務員倫理規程違反で懲戒処分を受けるという重大な事態を招き、深くおわびする」とのコメントを発表。

9
審査会が妥当と判断すれば、武田良太総務相が正式に処分する。

接待問題、12人参加 総務省、24日に処分公表―菅首相「心からおわび」:時事ドットコム

🚀 政府が疑惑浮上から約3週間で処分に踏み切った背景には、素早く幕引きを図りたいという意向が透ける。

17
1人1回当たりの飲食代は5000円台から4万7000円台で、土産代やタクシー代を含めた総額は約53万4000円。

総務省接待11人処分へ 首相長男らから 新たに9人判明

👉 もう1人は山田真貴子・内閣広報官で、総務審議官時代の19年11月に7万円超の接待を受けたが、総務省を退職しているため、同省の処分対象外だとしている。 東海・甲信越• 大変申し訳なく国民におわびをしたい」 首相は24日夕、今回の処分を受け、記者団の前で頭を下げた。 また、総務省は副大臣をトップとする違法接待の検証委員会を設置し、放送行政がゆがめられた事実の有無などを検証することも明らかにした。

7
4人は谷脇康彦、吉田真人両総務審議官と、20日付で事実上更迭された秋本芳徳前情報流通行政局長と湯本博信前官房審議官。