三重 県立 図書館。 三重県立図書館

三重県|三重県立図書館で「コミュニケーション支援ボード」を作成しました

👣 松阪パスファインダー・・・郷土資料の調べ方案内のページです。 1949年(昭和24年)度の蔵書数は23,664冊、1日平均閲覧者数は97人といずれも三重県内の図書館では首位であり、図書館経費はに次ぐ第2位であった。 松上由貴子「今、図書館がおもしろい。

16
高度な専門書の収集は県立図書館が担い、津市図書館では日常的に利用する図書の収集を行うという役割分担が実施されている。

三重県|三重県立図書館で「コミュニケーション支援ボード」を作成しました

😃 特別整理期間 図書館の利用 入館・退館時の注意• 1,400台収容無料あり 参考文献• 三重でくらす くらしコーナー - 3ヶ月毎に日常生活に身近なテーマを設定し、関連書籍や行政のパンフレットなどが集められている。 バス「総合文化センター」下車 自家用車• 尾鷲と熊野の両分館は(昭和39年)3月に県の財政問題により閉館した。 県立図書館側はこの1件で諦めたわけではなく、次の境貞一館長が計画を引き継いだ。

13
館内整理日(毎月第1木曜日)• 【土曜日および長期休業期間】9:00~17:00 休館日• その結果、当時の県立図書館長であった富山好一が提案した津市の跡が選ばれ、であった元主家のから15万円で4,846の土地を(昭和23年)に購入、同年から波多野喜太郎が請け負って建設工事を開始した。 同年にの記者が同紙で「の立派さに対して図書館の貧弱さが目立ち、文化行政の貧困さが痛感される」と書き、図書館建設に向けた世論を喚起したことも援護射撃となり、は同年9月に新築移転を決定、紆余曲折を経てにあった三重県立博物館(の前身)隣接地に建設することとなった。

三重県|三重県立図書館協議会委員を募集します

😎 なお、蔵書を三重県立図書館に寄贈した三重県教育会図書館はこの年に閉館した。 交通アクセス 公共交通機関• マッカーサー文庫は1947年(昭和22年)に三重CIE文庫に改称、1949年(昭和24年)4月に県立図書館本館へ統合された。 ) 閲覧室の利用• (昭和14年)の開館以来、三重県における中心的な図書館として機能し 、(昭和62年)にが開館する までは、津市民の公共図書館としての役割も果たしてきた。

8
『三重県教育史 第三巻』三重県総合教育センター 編、三重県教育委員会、1982年3月30日、1107頁。 中野イツ「津市立図書館設立運動と、市および県立図書館との関り」『図書館界』第30巻第1号、日本図書館研究会、1978年、 35-38頁、。

松阪市図書館トップページ【松阪市松阪図書館と松阪市嬉野図書館のご案内】

😄 (昭和36年)度の蔵書数は尾鷲が1,303冊、熊野が3,485冊で、閲覧者数は尾鷲が3,782人、熊野が9,554人であった。 この構想は議会でも図書館関係者の間でも受け入れられ、早速新館の建設場所が検討された。

15
蔵書は県立図書館本館から移された教育書300冊、三重軍政部寄贈の英語図書743冊、雑誌16種247冊で構成され、1日平均35人の利用に供した。 1999年(平成11年)には「三重県図書館情報ネットワーク」(MILAI)を立ち上げ、インターネットを利用して県内の図書館の蔵書を一括で検索し、最寄り図書館に取り寄せできるシステムを構築した。

三重県|三重県立図書館協議会委員を募集します

🤩 貸出可能期間 - 15日間(延長は1回のみ可)• 返却が遅れた場合、貸出停止または入館禁止となる場合があります。 戦後復興(1946-1950) 戦災で建物を失った三重県立図書館は、に事務所を置いて執務する状態であったが、(昭和21年)になると図書館再開を望む声が上がり始め、附属国民学校 (現・)の教室の一部を借用して再開する方針を内政部教育課が固めた。

(昭和15年)には当時としては珍しいを始め 、尾鍋館長が自ら三重県内を踏破し郷土資料の収集を進める など、活発な活動を展開した。 貸し出し業務は同年9月より開始した。

図書館利用案内

😋 疎開した図書も焼失を避けることはできず、残ったのはの来照寺など8か所に移したわずかな図書だけであった。

三重県教育会も三重県教育会図書館を運営していたが、開館時期は不明である。 絵と簡易な日本語に加え5つの言語が記されたものを用意しています。